ドキドキの一人暮らし!まずは賃貸に求める条件を決めよう

インテリア

通学で一人暮らしをスタートするなら

大学生などが一人暮らしをする賃貸の物件を探すなら、シェアハウスや学生マンションなどもおすすめです。学生マンションの場合、大学や専門学校の近くに物件があるので、通学に便利なだけでなく、学生が多く入居しているので安心できます。

間取り

学生会館という選択肢

学生生活を送りながら、親元から離れて暮らす場合には、学生寮や学生会館などもあります。それぞれ特徴は異なりますが、食堂が付いているので食事の面での負担を減らすことができます。しかし、周囲に学生が多くいることで、逆にストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。どのような物件に住むのがベストか、事前にリサーチして比較しましょう。

[PR]
城陽市にある不動産が満載☆
条件に合わせて物件が探せる!

一人暮らしを始める方へ〜物件探しの条件で注目したいこと〜

室内
no.1

立地

条件として一番注目したいのは、やはり立地です。学生の場合は、学校周辺にも利用しやすい賃貸の部屋も比較的多くなっています。その中で、まずは立地条件について検討しましょう。徒歩圏内の場所も便利ですが、交通アクセスがよい場合には電車やバス、自転車などでの通学を視野に入れることで、物件の選択肢も広がります。

no.2

周辺環境

次いで注目したいことは、住まいの周辺環境です。立地と同じく大切なポイントですが、近くにコンビニやスーパーなどがあれば、買い物などが便利になります。また、近くに騒音となってしまう施設や、交差点付近だと、住んだ後から住みにくさを感じてしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

no.3

家賃

学生の場合には、まだ親元から完全に独立をしていないので、家賃は親が負担するというケースも多くなるでしょう。その場合、月々の家賃の支払いなどはあまり負担にならない金額におさめることがおすすめです。

no.4

部屋の様子

実際に生活スペースとなる部屋の内部ですが、間取りだけでなく、日当たりや収納スペースもチェックしておきましょう。また、トイレ・風呂場の水回りの利用を不便じゃないか、セキュリティは問題ないか確認をしておきましょう。

地域によって異なる特徴

物件を探すなら、地域によっても特徴がありますので、学生が住みやすい地域・治安のよい地域・アクセスが便利な地域など、自分の条件に適した地域を選ぶのもいいでしょう。

一人暮らしの賃貸に関する疑問にお答えします!

ソファー

シェアハウスのメリットは?

シェアハウスをすることによる一番のメリットは、家賃を安くで抑えることができる点です。また、家電なども備え付けのものがあるので、購入にかかかる初期費用も少なくてすみます。人との出会いや、コミュニケーションを深めて交友の輪を広げていくことができます。

部屋を見る時の注意点は?

実際に賃貸物件の部屋を内覧する場合には、メモやメジャーをもっていくことをおすすめします。引越しで持って行きたい机や家具があるなら、部屋の中にしっかり納まるか、部屋に入れることができるかを確認しておくと安心です。

学生の一人暮らし、物件探しはいつからしたらいいの?

大学などの合格が決まった後から物件探しをスタートしても、部屋が全部埋まってしまって入れない!という心配はありません。立地や家賃など、条件にあまりこだわらないのであれば、少しスタートが遅れても部屋を探すことはできます。だた、好条件の賃貸を借りたいと思うなら、やはり早めにリサーチしていくといいでしょう。

[PR]
新大阪エリアの賃貸を大公開☆
物件探しの強い味方☆

[PR]
横浜で賃貸マンション探しを進めよう
検索サイトの利用がイチオシ☆

[PR]
京都マンスリーマンションならスタッフに相談!
イチオシ情報を確認!

横浜中古マンションを多数販売中